バイアグラは世界で最初に販売されたED治療薬です。有効成分シルデナフィルがペニス周辺の血管を拡張して血流を増やし、EDを改善する効果があります。
バイアグラには25mgと50mgの錠剤がありますが、大きい場合にはピルカッターで小さくしてから服用することも可能です。
EDを改善する効果の持続時間は5時間程度とされます。空腹状態で性行為の1時間前に服用すると、約30分から40分ほどで効果が現れ始めます。
服用から1時間後にピークを迎え徐々に効果が低下します。さらに3時間から4時間ほどで効果はピーク時の半分になります。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、血管を拡張して血流を増やす効果が存在します。そのため服用者の9割以上に顔のほてりや目の充血、動悸、鼻詰まりなどの症状が見られます。これらの症状は軽度なので基本的に問題はありません。


バイアグラの価格は25mgが1300円ほどで、50mgが1500円ほどです。様々なED治療薬の中で比較的安価に入手でき、信頼性も高いことから多くの利用者が存在します。効果の持続時間は25mgも50mgも5時間程度ですが、用量が多いほど効果は強くなります。体質に応じてピルカッターで適切な大きさに切って使用するのが合理的です。


バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすいという特徴があります。服用方法としては、基本的に空腹時に水で服用するのが理想的です。
アルコールで服用する場合には適量に留める必要があります。適量のアルコールは気分をリラックスさせるので、バイアグラの効果を高めます。しかし過度にアルコールを摂取すると酩酊して性行為が困難になるので注意が必要です。
効果的にバイアグラを服用するには、食事のタイミングや内容が重要です。食事を摂る必要がある場合でも、中華料理など脂分の多いものは避ける必要があります。服用方法を正しく守れば、効果的にEDを改善できます。

バイアグラの効果を発揮する正しい服用方法

バイアグラが効果を発揮するための正しい服用方法としては、まず空腹時に服用することが重要です。有効成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けて効果が半減します。
空腹時に服用すれば、効果を阻害されずに済みます。食事を摂った場合には、その後2時間は時間を置く必要があります。胃の中の食べ物が全て消化してから服用することが求められます。
軽い食事であれば2時間ほどで消化しますが、中華料理やフランス料理など脂分の多い食事を摂った場合にはさらに時間を置く必要があります。胃や腸壁に脂分が付着していると、シルデナフィルが取り込まれ便として排出されます。


脂分の多い食事を摂取した場合には、食後6時間から7時間ほど時間を置く必要があります。
バイアグラを服用する前に食事を摂る必要がある場合には、消化に良いものを選び量も腹6分目から7分目に抑えます。さらに食後2時間ほど時間を置いてから服用することになります。
バイアグラは空腹状態で性行為の1時間前に服用すると、EDを改善する強い効果を実感できます。効果的にバイアグラを服用するには、食事の影響を受けやすいというシルデナフィルの特徴を知ることが重要です。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには血管拡張効果があり、顔のほてりや目の充血などの症状が現れる場合があります。
それらの症状は基本的に軽度ですが、グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食べ物を摂取すると薬の吸収率が高まり症状が重くなります。食事の際にはグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食べ物に注意が必要です。
バイアグラを効果的に服用するためには、食事との関係が重要になります。なるべく空腹時に水やぬるま湯、適量のアルコールで服用するのが理想的です。