バイアグラにはめまいや火照り、頭痛、持続勃起症などの副作用があります。突発性難聴もバイアグラの副作用とされていますが、詳しいメカニズムは不明です。
めまいや火照り、頭痛などの副作用はバイアグラの血管拡張効果と関係があります。血管が拡張されると血圧が下がりめまいが生じます。


また全身の血の巡りが良くなることから頭部の血管も拡張されて血圧が高まり、顔の火照りや頭痛などが起こります。
バイアグラの副作用は血圧と深い関係がありめまいや火照り、頭痛などの他にも鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良などが見られます。


全身に血液を繰り出す心臓にも負担が大きく動悸や頻脈、胸痛などが起こる場合もあります。バイアグラの副作用は服用者の9割以上に現れますが、基本的に軽度です。
数時間すれば回復するので問題はありません。ただしグレープルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取した場合には症状が重くなるので注意が必要です。


フラノクマリン酸は薬の体内吸収率を高めるため、バイアグラの血中濃度が上昇します。勃起不全を改善する効果も高まりますが、同時に副作用も重くなります。
バイアグラの副作用は数時間で回復するのが通常です。長時間にわたって回復しない場合には、医師の診断を受ける必要があります。
フラノクマリン酸を含む食品にはグレープフルーツの他にもザボンやハッサクなどが存在します。同じ柑橘類でもレモンやカボス、バレンシアオレンジなどであれば問題はありません。


バイアグラはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やすため、基本的に全身の血圧が低下します。頭部などで血管拡張により血流が増加すると、火照りや頭痛が起こります。
塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を併用すると、過度に血圧が下がる可能性が存在します。
血圧が過度に低下すれば、副作用が重くなるので注意が必要です。まためまいや火照りなどの他に、持続勃起症や突発性難聴が起こることもあります。
特に突発性難聴の場合は、早期に医師の診断を受けることが重要です。

服用後に起きる持続勃起症や突発性難聴の対処法

バイアグラには様々な副作用が存在しますが、基本的に軽度で数時間すれば回復します。軽度の副作用は服用者の9割以上に現れていますが、問題として挙がる程度ではありません。
しかし持続勃起症や突発性難聴の症状が現れた場合には、医師の診断を受ける必要があります。


バイアグラは基本的に5時間ほど効果が持続します。しかし持続勃起症になると5時間を超えて勃起が続きます。
長時間にわたって勃起状態が継続すると、ペニスの動脈が破れることがあります。動脈が破れると大量の血液が海綿体に吸収されるため持続勃起症が発症します。
持続勃起症が1日以上続いた場合、勃起障害となる可能性があります。バイアグラを服用して長時間勃起が続く場合には、早期に泌尿器科で診断を受けるのが合理的な対処法です。


突発性難聴は原因不明の急性感音難聴です。ウイルス感染や内耳循環障害が原因とする説も存在しますが、詳しい原因は不明とされています。
バイアグラを服用して突発性難聴が発症したとされる事例が存在しますが、因果関係は解明されていません。
突発性難聴は突然耳の聞こえが悪くなります。一般的には両耳ではなく片耳だけ発症する事例が多く見られます。
耳鳴りや耳が塞がったような感覚がしたり、回転性のめまいを感じたりする場合もあります。


バイアグラとの因果関係は分かっていませんが、突発性難聴の対処法としては早期に治療を受け安静にすることが重要です。
発症から1週間以内であれば治癒しやすい傾向がありますが、2週間を超えると治癒の確率が大幅に低下します。
なるべく発症後48時間以内に医師の診断を受ける必要があります。具体的な治療方法としてはステロイド剤や血流改善剤、代謝促進剤などの投与や高気圧酸素療法などが行われます。