バイアグラはED(勃起不全)の治療薬として広く使われており、現在多くの人がその効果を実感しています。バイアグラは、PDE5阻害薬(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれている種類の薬です。
PDE5阻害薬は、元々は肺動脈性肺高血圧症の治療薬でした。たまたま臨床実験を受けた人たちから「この薬を飲むと陰茎が勃起する」という情報を得て、ED治療にも効果があるのではないかと開発され、今に至っています。


そのためバイアグラのようなPDE5阻害薬は、今でも肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使われています。
ED治療薬の副効用として肺動脈性肺高血圧症でも使われているのか、肺動脈性肺高血圧症の副効用としてED治療にも使われているのか、卵が先か鶏が先かといった感じです。
勃起するためには、cGMPという勃起を促す物質が十分に分泌される必要があります。しかし、いつも勃起していたのでは困るので、cGMPを分解して勃起を抑える物質としてPDE5があります。この両者のバランスが良い状態だと上手く勃起します。


肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の圧が高くなる病態の総称で、血圧が高くなる高血圧とは、全く違う病気です。
肺動脈性肺高血圧症になると、動くと呼吸困難になったり足がむくんだりして右心不全の状態になります。肺動脈性肺高血圧症ではなく、肺高血圧と呼ばれることやPAHと略されることも多いです。
この肺動脈性肺高血圧症の治療にPDE5阻害薬が使われるのですが、それはcGMPには心臓の収縮力を増強するはたらきがあるからです。
PDE5を阻害することでcGMPを表立たせて、心臓の血管を拡張させて心臓への血流を増加させています。それによって、右心不全の症状を和らげています。


肺動脈性肺高血圧症を引きおこす原因は、たくさんあります。
特発性肺動脈性肺高血圧症、遺伝性肺動脈性肺高血圧症、薬剤や毒物に起因するもの、膠原病によるもの、肝臓の門脈圧が亢進したことによるもの、心疾患によるもの、慢性閉塞性肺疾患(COPD)によるもの、間質性肺炎などの間質性肺疾患によるものなどがあげられます。
症状は徐々に増強していって呼吸困難が主症状となることが多いのですが、症状が出た時にはすでに進行していることが多いです。

バイアグラは新生児肺高血圧症の改善にも効果あり

肺動脈性肺高血圧症の原因となる疾患の中には、新生児肺高血圧症や先天性の心疾患が原因となることがあります。新生児肺高血圧症などのこれらの病気の治療にも、バイアグラと同じ種類であるPDE5阻害薬が使われていて、効果をあげています。


動くと息苦しくなる労作時呼吸困難の症状や、疲れやすいといった症状を緩和します。また、患者さん自身が訴えることは少ないのですが、この病気のサインとして頸静脈の怒張があります。くびの頸静脈が浮き出てくるのです。
それ以外にも、肝臓が腫大したり腹水がたまったり、下肢がむくんだりするのも肺動脈性肺高血圧症のサインです。
また、呼吸困難のために血液中の酸素濃度が下がるので、チアノーゼと言って唇が青紫色になり、ばち指と言って指先が太鼓を打つ時のばちのようになることもあります。


このような症状を来す肺動脈性肺高血圧症の治療には、肺の血管を拡張させることが治療ポイントになります。肺の血管を拡張させる薬は何種類かありますが、PDE5阻害薬はその中の一つです。
臨床で使われているPDE5阻害薬はバイアグラと言う商品名ではなく、他の商品名になっていますが、バイアグラと同じ種類です。


そのほか血液を固まりにくくする薬を用いたり、必要に応じて在宅酸素療法を行ったり、むくみには利尿薬を使ったり、心臓の収縮力を増強させるために強心剤が使われることもあります。
また、原因疾患の治療をしっかりと行うことで、肺動脈性肺高血圧を改善させることも大切です。


特発性肺動脈性肺高血圧(IPAH)も遺伝性肺動脈性肺高血圧症も、どちらもまれな疾患です。両方とも国の特定疾患に指定されていて、収入に応じて1か月の病院での支払額には限度額が設けられています。